栄養と食品の関係

栄養と食品の関係

食品と栄養とは、密接な関係にあると言われています。ものを食べることは、生きるために必要な栄養を得ることです。食品の知識がない状態では、栄養の欠乏や過剰が起きることがあります。バランスのいい栄養補給ができないければ、体調を崩すことがあります。近年では、栄養補助食品の市場も拡大し、食品以外の方法で栄養摂取をする人も多くなりました。

 

サプリメントをつかえば、食事を摂らずとも体に必要な栄養を補充することができます。最近のサプリメントブームは、なぜ起きているのでしょう。食品だけでは栄養が得られないものなのでしょうか。世の中がどんどんと便利になり、私たちが生活しやすいように、温めれば簡単に食べられる加工食品や出来あいの食品があふれているようになってきていることが影響しています。

 

野菜の栽培には農薬をたくさん使うようになったために、野菜そのものの栄養が少なくなっているともいいます。健康のために必要な栄養を今の野菜から得るためには、より多くの野菜を食べなければならないということになります。一日に必要な栄養を食品で得ようとすると、場合によっては食べきれないほどの量になります。

 

毎日自炊をするのも大変ですから、料理の時間がないという人は、食事で栄養を確保するのは困難になります。一つの家庭の単位が少人数になっている影響から、レトルト食品や加工品を使って、手軽な食事をしている人も少なくないと言われています。普段の食事では栄養をしっかり補給することができなくなってきているので、今後も栄養補助食品を利用する人は増加することでしょう。